正面から見た車の描き方

ヤスアキがよく描いている、正面から見た車の描き方というか手順です。 いつもは旧車を描くことが多いのですが、今回は先日知り合いになった方が乗っているSLK200 スポーツパッケージを描いてみました。 今まで描いたものは、Instagramで見ることができます。 https://www.instagram.com/yasuaki.cioccomoca/ その中のいくつかは、TシャツトリニティにてTシャツの販売もしています。 https://www.ttrinity.jp/shop/cioccomoca/brand/14188 1.ラフ描き まずはラフを描きます。画像はトレース用に補正してある状態です。 今回は知り合いの車の写真を撮って参考にしています。 旧車は見られない場合が多いので様々なサイトから資料を集めて描くことが...
続きを読む

5月のイベント情報

5月に参加するイベント3つのお知らせです。 ■アート市inアルテリッカ2015 日程 / 2015年5月3日(日) 場所 / 新百合ケ丘駅南口 ペデストリアンデッキ 時間 / 10:00〜16:00 http://www.shinyuri-art.com “開催1ヶ月を切ってから抽選結果が出るのでいつもドキドキしてるのですが、今回も参加できることになりました。 いつものグッズに加えてシルクスクリーン印刷体験を行う予定(あくまでも予定)です。” ■コミティア112 日程 / 2015年5月5日(火・祝) 場所 / 東京ビッグサイト東4・5・6ホール 時間 / 11:00〜16:00 スペースNo / B19b(cioccomoca) http://www.comitia.co.jp “今回は間違えずにイラストで申...
続きを読む

シルクスクリーンの露光機製作(自作)

露光機の点灯テスト
シルクスクリーンをやるために町田にある国際版画美術館の工房に行っていたのですが、6月30日まで大規模修繕で閉館になってしまったので、それにあわせて(という訳でもないけど)自宅でシルクスクリーンをやるために露光機を制作しました。 ケミカルランプ6本のサイズです。 パイン集成材(幅1820×高450×厚み15mm)をカットして蓋なしの枠と底面だけの箱を作ります。 次に箱の内側にアクリル版を載せるための細長い木をアクリルの厚さ分下げて取り付けます。 赤と黒の単線(太さ1.6mm)をそれぞれ5m、より線を3m、より線を単線にするための棒端子(2スケ×2個)、コンセントを買ってきて、ベースライト6個を配線します。 線は足りなかったら面倒なので余裕を持って買ってきました。 ちなみにベースライトは「FA21021Z」、ケミカルランプは「FL...
続きを読む